仲間と挑戦する

教育関係者向けオンラインサロン「キャンバス」

誰しもが安心して、挑戦し、失敗し、休憩し、語り合えるプラットフォーム

  • のべ参加者数1000名以上
  • 過去イベント100件以上実施
  • 教員、学生、研究者、主婦、システム  エンジニアなど…多様な参加者

仲間と出会う

イベント運営

「パレット」

様々な教育関係者が登壇する単発イベントを開催。

教育に関わる立場の人から刺激をもらい、自分はどう考えるのかブラッシュアップされる場。

テーマを

もって学ぶ

教育×〇〇

「アトリエ」

教員・教育関係者向けのオンラインスクール。

3〜6ヶ月という時間をかけて、教育に関わる様々なジャンルについて学んでいく。

オフラインで

挑戦する

オフラインスペース

「ねすと」

2022年4月に始動。教育に情熱があり、挑戦したい学生・若者に対して、オフラインスペースを提供。イベントや勉強会など、様々な挑戦をサポートする。


ABOUT

「一般社団法人まなびぱれっと」とは?

MISSION

│ 私達の存在意義 │

「せんせい」と「みんな」が安心して混ざり合う未来を─

VISION

│ 10年後に形にしたいもの │

一緒に創り、学び、悩んでいく中でお互いの価値観が共有される体験を生み出す

誰しもが安心して、挑戦し、失敗し、休憩し、語り合えるプラットフォームを作る

交流の輪が広がっていく中で、立場を超えたコラボレーションが日常になっていく

はじめてのクラウドファンディング成功!164名から支援!教員1年目でも起業してチャレンジできることを証明

2021年3月18日に公立教員のメンバーと企業で働くメンバーとが協力し、まなびぱれっとは始動しました。

5月には、100万円のクラウドファンディングの支援により、活動を開始。

さまざまなオンラインイベントやオンラインスクールを通して、教員や教育関係者のコラボレーションを生みました。

そして、オンラインサロン「キャンバス」という様々な教育関係者が集まるコミュニティを育てていきました。

2度目のクラウドファンディング!

新任の先生をサポートするプロジェクト を実現!現役教員からの支援多数!

2022年には、「教員1年目がつぶれないようにサポートしたい」と「はじめてのせんせい」プロジェクトを開発。

その運営のため、1月から3月にかけて、「はじめてのせんせい」プロジェクトのために120万円のクラウドファンディングに挑戦しました。

4月には、オンラインでの事業が続く中、「コロナ禍で挑戦がしにくい若者に挑戦の場所を提供したい」とオフラインスペース「ねすと」も 始動。

仲間と挑戦する

教育関係者向けオンラインサロン「キャンバス」

若手教員が先輩に相談できない

学生が現役の先生の声を聞けない


管理職が若手の気持ちを知れない


学校の外にいると学校のことがわからない


先生と民間人が繋がる場所がない


最新の研究から学べない


心休まる場がない


高め合える場所がない


教育に興味のある人、若手教員の仲間が欲しい人、一緒に学ぶ仲間が欲しい人、ここで探しませんか?

NEW INFORMATION

協賛:さとのば大学    岡部大樹

©︎ 2021 一般社団法人まなびぱれっと